災害時、風呂の水ためはNGか SNSで賛否飛び交い炎上…正解は? 首相官邸と国土交通省で異なる見解も

ZAKZAK

地震などの災害時に水をどう確保するかは重大な問題だ。風呂の残り湯などをためておく行為について「NG」だと識者がSNSで発信したところ、賛否が飛び交い、プチ炎上状態になった。災害大国日本において、正しい備えはどちらなのかだろうか。

3月17日、国際災害レスキューナースの辻直美氏がツイッターで、「地震が起きたら、お風呂に水をためるは実はダメ」と投稿するとともに、「くみ水を流してトイレを使うのは絶対ダメ!!!」「お風呂にためた水は清潔ですか?」などと画像付きで投稿した。

すると「教えて頂きありがとうございました」などの投稿があり、多くの「いいね」が付いた。一方で、「水ためるのは間違いなく有効と断言できる」「風呂に水ためは常識」といった反論もあった。

辻氏に改めて聞いてみると、「ツイッターでは説明しきれない部分があったが、風呂の水を何のために使うかを考えたときに、古い一戸建てや共同住宅のトイレは配管が壊れている場合もあり、使用を避けたい。火災時も、ためた水より消火器の方がより有効で、衛生面を考えても、使用は避けたいということだ。災害の情報は日々新しくなるので、アップデートしておきたい」とのことだった。

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 15日スタートNHK朝ドラ「ちむどんどん」第19週あらすじ 新婚生活が始まった暢子(黒島結菜)、独立に向けて動き出し…

  3. 「セカンド冷凍庫」爆売れ、コロナ禍と“もう1つ”の背景

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走