災害時、風呂の水ためはNGか SNSで賛否飛び交い炎上…正解は? 首相官邸と国土交通省で異なる見解も

ZAKZAK

地震などの災害時に水をどう確保するかは重大な問題だ。風呂の残り湯などをためておく行為について「NG」だと識者がSNSで発信したところ、賛否が飛び交い、プチ炎上状態になった。災害大国日本において、正しい備えはどちらなのかだろうか。

3月17日、国際災害レスキューナースの辻直美氏がツイッターで、「地震が起きたら、お風呂に水をためるは実はダメ」と投稿するとともに、「くみ水を流してトイレを使うのは絶対ダメ!!!」「お風呂にためた水は清潔ですか?」などと画像付きで投稿した。

すると「教えて頂きありがとうございました」などの投稿があり、多くの「いいね」が付いた。一方で、「水ためるのは間違いなく有効と断言できる」「風呂に水ためは常識」といった反論もあった。

辻氏に改めて聞いてみると、「ツイッターでは説明しきれない部分があったが、風呂の水を何のために使うかを考えたときに、古い一戸建てや共同住宅のトイレは配管が壊れている場合もあり、使用を避けたい。火災時も、ためた水より消火器の方がより有効で、衛生面を考えても、使用は避けたいということだ。災害の情報は日々新しくなるので、アップデートしておきたい」とのことだった。

  1. 安倍元首相に18万人超が「デジタル献花」

  2. 【虎のソナタ】井端さん、鳥谷さんが絶賛する現役一塁手は?

  3. NHK「ちむどんどん」草苅正雄、親子出演に朝ドラファン感動「迫真の演技」「マユちゃん大人になった」

  4. 【ニュース裏表 平井文夫】「国葬欠席」のSNS掲載 批判相次ぐ立民の蓮舫、辻元両参院議員 情けなく恥ずかしい…ジョージアの大使に教えられた死者への敬意

  5. 残り3話!NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」9月28日OA第123話あらすじ 暢子(黒島結菜)の新店「やんばるちむどんどん」開店前日に思わぬ事件が…