大リーグ公式サイト「さらなる歴史樹立」 大谷がメジャー史上初の開幕投手&“開幕打者”

サンスポ
アストロズとの開幕戦に先発したエンゼルス・大谷。5回途中1失点で初勝利はならなかった=アナハイム(共同)
アストロズとの開幕戦に先発したエンゼルス・大谷。5回途中1失点で初勝利はならなかった=アナハイム(共同)

アストロズ3-1エンゼルス(7日、アナハイム)大リーグ公式サイトは開幕戦に初めて「1番・投手」で出場した大谷について、「さらなる歴史を樹立した」と見出しを立て「投手としてシーズンの第1球を投じ、打者として相手の第1球を受けたメジャー史上初の選手となった」と伝えた。

スポーツ専門局「ESPN」は「見事な直球の制球と、切れのあるスライダーを披露。今季初戦は全般的にとてもよく見えた」と評価。エンゼルスの地元紙「オレンジカウンティ・レジスター」は大谷の一回の速球が97-99マイル(約156-159キロ)を計測したことに触れ、昨年に比べて立ち上がりの球速が数キロ上がったことに注目した。