慶大が東大に先勝 国学院久我山出身の宮崎恭輔が初打席本塁打の決勝3ラン/東京六大学

サンスポ
八回、決勝の左越え3ランを放ち、ダイヤモンドを一周する慶大・宮崎恭輔
八回、決勝の左越え3ランを放ち、ダイヤモンドを一周する慶大・宮崎恭輔

東京六大学野球春季リーグ第1週第1日(慶大11-4東大、9日、神宮)開幕し、3季連続の優勝を目指す慶大が東大に打ち勝った。

リーグ戦初先発の橋本達弥投手(4年、長田卒)が一回に3点を失い、追う展開となった。七回に同点として、迎えた八回。無死一、三塁の場面で、八回の守備からリーグ戦初出場を果たした宮崎恭輔捕手(3年、国学院久我山卒)が決勝の左越え3ランを放った。リーグ戦史上28人目の初打席での本塁打とし「自分でもできすぎな結果だと思います。チームの勝利に貢献できてうれしいです」と頬を緩めた。

母校の国学院久我山が今春の選抜大会で初の4強入り。「後輩たちの頑張りに負けていられない」と刺激を受け、結果につなげた。

高校3年生だった2019年夏の西東京大会準々決勝、早実戦では九回にサヨナラ満塁本塁打を放った経験があり、「それと同じくらいうれしかった」と喜んだ。

  1. 【列島エイリアンズ】中国系裏風俗編(2) 福建省出身、人気女優似の美女が出てきた ベニヤ板越しに聞こえる男女の息遣い

  2. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  3. 「ちむどんどん」善一が比嘉家を見放さなかった理由が判明?「スッキリ」と納得 一方「一気に冷める」と落胆の声も

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」