ドラフト候補の白鷗大左腕・曽谷が2失点完投 注目投手陣の作新学院大を圧倒/関甲新学生

サンスポ
白鷗大・曽谷龍平投手は、春季リーグ戦初戦の作新学院大戦で2失点完投した(撮影・赤堀宏幸)
白鷗大・曽谷龍平投手は、春季リーグ戦初戦の作新学院大戦で2失点完投した(撮影・赤堀宏幸)

関甲新学生野球春季リーグ戦第1週第1日(白鷗大4-2作新学院大、1回戦、9日、白鷗大球場)今秋ドラフト上位候補に推される白鷗大の最速151キロ左腕・曽谷龍平投手(4年、明桜)はこの日最速タイの151キロの直球にスライダー、カットボールなどを交え、5安打2失点で完投。6球種を操る左腕・加藤大河投手(4年、川口青陵)、最速150キロ右腕・清水敬太投手(4年、朝霞西)と注目される作新学院大投手陣に違いを見せつけた。

国内10球団のスカウトの視線を集めた中、曽谷は一回から151キロの直球を投げ込み、五回まで〝完全試合ぺース〟。六回先頭に初安打され、1死後に左中間に適時二塁打を浴び、その後1失点を失ったが完投し、チームを好発進させた。

「六回先頭に(中前打を)打たれ、『あれっ』という感じで、9番打者に(適時二塁打を)打たれてしまった。スタミナは問題なく、ああいう場面をもうちょっと、じっくり…」

曽谷はこう反省していたが、ネット裏では「一回から150キロ、151キロと放れる左腕は、そんなに見られるものではない」と声が上がり、各球団のスカウトはスピードガンでの計測だけでなく、映像をしっかり収め、データ化に時間を費やすほど高評価された。

  1. 1年間に売れた韓国車は1台!?日本車シェアほぼ100% 知られざる親日国パキスタンの素顔

  2. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  3. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  4. 猛烈なかゆみ、網戸すり抜ける「スケベ虫」被害増加

  5. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?