「カムカムエヴリバディ」最終話でロス続出? 大団円に「スッキリした終わり方」「意外にもロスにならない」の声も

イザ!
(左から)大月ひなた(川栄李奈)、アニー(森山良子)/最終話より(C)NHK
(左から)大月ひなた(川栄李奈)、アニー(森山良子)/最終話より(C)NHK

NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」の第112話(最終話)が8日、放送され、SNSには「終わっちゃった」「ロス感半端ない」などの書き込みが殺到。「カムカムロス」で悲しみに暮れる朝ドラファンが続出している一方で「意外にロスにならない」などと充実感に満ちた感想も寄せられている。(※以下、ネタバレあり)

昭和、平成、令和を通じ、京都、岡山、大阪を舞台に、ラジオ英語講座とともに歩んだ親子3世代を追い、恋に仕事に不器用ながらも自分らしく生きる姿をリレー形式で描いてきた同作。初代ヒロイン、雉真安子を上白石萌音、2代目ヒロイン、大月るいを深津絵里、3代目ヒロイン、大月ひなたを川栄李奈が演じた。

最終週となる第23週「2003-2025」では、「条映太秦映画村」で働くひなたがハリウッド映画「サムライ・ベースボール」の制作を通じて知り合ったキャスティングディレクター、アニー・ヒラカワ(森山良子)が、安子であることが明らかに。ひなたが安子とるいを引き合わせ、生き別れになっていた2人がついに再会を果たした。

最終話となる第112話では、登場人物たちのその後が描かれ、大団円に。新しく始まったラジオの英会話番組の講師を務めるひなたは、立ち寄った映画村で、番組で共演するウィリアム・ローレンス(城田優)に偶然会い、世間話に花を咲かせた。そのなかで、ウィリアムが幼いころに映画村で出会い、一目惚れした白人少年、ビリーであることが明らかになり、ひなたが、少年時代のビリーが大好きだった実家の回転焼き屋「大月」に誘うシーンで、物語は幕を下ろした。

  1. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月17日OA第93話あらすじ ビタミン剤を売るビジネスに賢秀(竜星涼)は疑問を抱き…

  2. NHK朝ドラ「ちむどんどん」賢秀(竜星涼)がねずみ講に…優子(仲間由紀恵)巻き込む展開に視聴者悲鳴、和彦(宮沢氷魚)には「教えてあげないと!」の声

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月16日OA第92話あらすじ 独立に向けて課題が山積みの暢子(黒島結菜)、賢秀(竜星涼)は我那覇と再会し…

  5. キムタクだけマスク着用の集合写真に「これが有名人が伝えるべきメッセージ」「好感度爆上がり」と称賛の嵐