石川、西田らは日本協会のピンチ救えるか? バレーボール男子代表メンバー発表

ZAKZAK

女子は12年のロンドン五輪で銅メダルを獲得するなど、近年の男子は押されっぱなしだったが、19年W杯では28年ぶりの4位。主力選手のイケメンぶりに人気も絶大だ。男子の日本代表戦はどの会場もほぼ完売で「この年の協会の収益は男子のおかげで大幅アップしたと聞いている」(川合会長)。

W杯などの国際大会が日本で開催されなくなったが、サッカーのキリンチャレンジカップのように単発の親善試合を国内で組み込みたい意向だ。

今年の主要大会に16カ国が参加するネーションズリーグ(6月開幕)がある。大阪が開催地のひとつ。今後の公式戦はポイント制でどの試合もパリ五輪予選に直結する。日本バレーボール界の大ピンチを救うミッションも男子代表には課せられている。 (編集委員・久保武司)

  1. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  2. 薬物所持で逮捕…沢尻エリカの身を滅ぼした「ドラッグとセックス」 ささやかれ続けた疑惑、2009年の契約解除も…

  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  4. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  5. 死への虐待、4歳児最後の願い「ママ、お茶が飲みたい」