今日も一緒にプロレスを楽しみましょう!

3月は「ドラゴン月間」68歳・藤波辰爾が新日&全日の50周年を席巻 「昔の両団体のピリピリモード」に複雑な表情も

zakzak
藤波(右)は生涯現役を貫く
藤波(右)は生涯現役を貫く

底抜けのドラゴンスマイルが輝いた。「ドラゴン」藤波辰爾(68)が古巣・新日本プロレスの50周年記念大会(3月1日、東京・日本武道館)、3・27大阪城ホール大会に連続参戦。棚橋弘至、オカダ・カズチカと世代を超えた夢のトリオを結成したばかりか、8人タッグマッチで棚橋、オカダらと対戦。ドラゴン殺法を仕掛けるなど「生涯現役」を実証してみせた。

加えて全日本プロレスの50周年記念大会(3月21日、東京・大田区総合体育館)にも、息子のLEONAらとともに乗り込み、全日本の半世紀を祝福している。3月はまさに「ドラゴン月間」だった。

新日本、全日本の両老舗団体を席巻した藤波は、アントニオ猪木に憧れ日本プロレスに押しかけ入門。1972年には猪木が設立した新日本の旗揚げメンバーに加わった。その後、ジュニアヘビー級ブームを巻き起こし、ヘビー級転向後も長州力との名勝負数え唄で一世を風靡(ふうび)した。

3・21決戦では全日本のテレビ解説も務め、王道の歴史や試合を絶賛したが、かつての激しい興行戦争、引き抜き合戦の渦中にあったとあって「昔の両団体のピリピリモードが気持ちの中に残っている」と、いささか複雑な表情も浮かべた。

  1. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  2. あすの「ちむどんどん」5月17日OA第27話あらすじ 賢秀が多額の借金を残し失踪 困った暢子を救ったのは…

  3. 上島竜兵さん死去 自宅で家族が異常に気づき…

  4. 「ちむどんどん」賢三の名を聞いた三郎の反応が…意味深描写に「因縁ありそう」「賢秀を賢三が引き取った?」の声

  5. 「おかえりモネ1周年」のハッシュタグで盛り上がる りょーちん、俺たちの菅波など振り返り胸熱に