維新が元副代表への除名処分撤回 「献金の違法状態解消」

産経ニュース
今井豊氏
今井豊氏

違法な献金を受けたとして、日本維新の会と地域政党「大阪維新の会」を除名された元党副代表の今井豊・元大阪府議について、同党が処分を撤回していたことが2日、関係者への取材で分かった。今井氏が受領した献金を政治資金収支報告書に記載したことを受けて、違法状態が解消されたと判断した。

今井氏は平成21年以降、同府貝塚市の前市長から3回にわたって計100万円を受け取り、いずれも収支報告書に記載していなかった。昨年8月に週刊誌が報じ、今井氏は府議を辞職。維新は最も重い除名処分としていた。

関係者によると、100万円のうち50万円分については、収支報告書の法定保存期間(3年)が経過。昨年2月に受領した残り50万円については収支報告書に記載し、府選挙管理委員会に提出したという。

維新は、今井氏から処分撤回を求める嘆願書が出されたことを受け、党で対応を協議。記載により違法状態は解消されたと判断し、「本人の名誉回復のため」として3月30日付で処分を撤回した。

今井氏は産経新聞の取材に対し「政治家に戻るつもりはない」と話し、復党も否定した。

今井氏は大阪維新の会結党時からの中心メンバーの一人で、幹事長を務めるなど要職に就いていた。

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  3. さんま、上島竜兵さんに「本当に好きな芸人が一番嫌いな死に方をしたから、ちょっと腹が立ってる」

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」