IEAが追加の石油備蓄協調放出で合意 規模は引き続き調整

産経ニュース
オンラインで開かれた国際エネルギー機関(IEA)の緊急会合に参加する萩生田経産相=1日夜、経産省(同省提供)
オンラインで開かれた国際エネルギー機関(IEA)の緊急会合に参加する萩生田経産相=1日夜、経産省(同省提供)

石油の主要消費国でつくる国際エネルギー機関(IEA)は1日に緊急会合を開き、原油価格の高騰を抑制するため、加盟各国による石油備蓄の追加の協調放出で合意した。放出の規模や各国の分担量は決まらず、引き続き調整することになった。日本の経済産業省が明らかにした。3月にも加盟国が連携して6千万バレル規模の放出を決めたが、市場の反応は薄かった。

IEAは4月以降、ロシアから日量250万バレル規模の石油輸出が減少すると予測し、穴埋めが課題となっていた。

石油備蓄をめぐっては、米国は昨年11月に5千万バレルの放出を発表。日本や中国などが同調した。3月初めにはIEA加盟国が連携し、6千万バレル規模の放出を決定。うち米国は3千万バレルを占めた。(共同)

  1. 23日スタート「ちむどんどん」第7週あらすじ 房子は暢子に因縁? 良子は金吾から執ような求婚を受け続け…

  2. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  3. 「鎌倉殿の13人」5月22日OA第20話あらすじ 奥州へ逃れた義経を討つよう、頼朝から命じられた義時は…

  4. NYでジャパン・パレード 日米友好盛り上げる

  5. 露軍、渡河失敗で打撃 英国防省が分析