コロナ後遺症外来、147機関に拡充 埼玉

産経ニュース
さいたま市浦和区の埼玉県庁(内田優作撮影)
さいたま市浦和区の埼玉県庁(内田優作撮影)

埼玉県は1日、呼吸困難、味覚障害をはじめとする新型コロナウイルス感染症の後遺症に対応した「後遺症外来」を擁する県内の医療機関が、3月までの7機関から147機関に拡充されたと明らかにした。累計感染者数の増加に伴い、後遺症患者への対応を充実させるため、県が開設を呼び掛けていた。

県は、後遺症外来を開設している医療機関の名称をホームページで公開するとともに、受診の必要度や診療科を症状に応じて判断できるチェックシートを掲載した。後遺症が疑われる場合は、まずシートで確認することを推奨している。

後遺症外来の診療科は、呼吸器内科(呼吸困難など)や耳鼻咽喉科(味覚・嗅覚障害など)、皮膚科(抜け毛など)、精神科・神経内科(鬱症状など)に分けられる。各医療機関は、昨年10月~今年1月に県内の後遺症外来を受診した422人の症状などを分析した症例集を活用して診療にあたる。

県の担当者は、感染拡大の「第7波」到来の可能性を念頭に「少しでも後遺症外来は多いほうがいい」と強調し、今後も開設を促していく考えを示した。(深津響)

  1. 「鎌倉殿の13人」5月22日OA第20話あらすじ 奥州へ逃れた義経を討つよう、頼朝から命じられた義時は…

  2. 「ちむどんどん」房子「まさかやー…」の意味、賢三との関係は?「恋人?」「東京の叔母さん?」

  3. 「ちむどんどん」次週予告に和彦の姿なし…落胆するファン続出?「どこ行った宮沢氷魚」

  4. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」