「命令拒否」「士気低下」のロシア軍、兵士反発で司令官攻撃か 孤立するプーチン大統領、戦況知らない恐れ…「怖くて事実を伝えらえれない」幹部たち

ZAKZAK

ロシア軍の崩壊は、軍隊ではあり得ない「命令拒否」として現われたという。

米CNNなどによると、英情報機関である政府通信本部(GCHQ)のジェレミー・フレミング長官は3月30日、オーストラリアの国立大学で「われわれは兵器が足りず士気の低いロシア兵が命令遂行を拒否し、自らの装備を破壊し、さらには誤って自軍機を撃墜するのを目撃した」などと講演したという。

大義のない侵略戦争に、ロシア兵が反旗を翻したようにも思える。ただ、いずれの事例も日時や場所など詳細は明かされていない。

ロシア軍の内部状況をどう見るか。

軍事ジャーナリストの世良光弘氏は「ロシア軍は食料や弾薬の補給がうまく機能せず、志願者以外のロシア兵も最前線へ出されているという。こうした状況では、軍の士気が落ち、内部で反発や意図的な脱走が起こっても無理はない」とみる。

前出のフレミング氏は、プーチン氏がロシア軍を過大評価していたとの見解を示すが、プーチン氏は戦況を知らない恐れがある。

  1. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  2. 「子どもに就いてほしくないなあ」と感じる職業、1位は?

  3. 残り4話!NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」9月27日OA第122話あらすじ 房子(原田美枝子)がやんばるにやってきた目的は…

  4. 【ニュース裏表 平井文夫】「国葬欠席」のSNS掲載 批判相次ぐ立民の蓮舫、辻元両参院議員 情けなく恥ずかしい…ジョージアの大使に教えられた死者への敬意

  5. 【衝撃事件の核心】それは青アザから始まった…「オバQ」といわれた25歳被害女性、歯をペンチで折られた暴行の実態