ウクライナでも藤井五冠は「あこがれ」

サンスポ
2021年に初開催されたウクライナのアマチュア将棋大会「黒猫戦」の模様
2021年に初開催されたウクライナのアマチュア将棋大会「黒猫戦」の模様

ロシア軍が侵攻を続けるウクライナで、日本語を学び、将棋の普及活動をする男性がいる。2018年、首都キエフで将棋愛好家による「ウクライナ将棋道場」を立ち上げたイーゴル・ストルメッツキーさん(28)。20年に日本将棋連盟の海外支部に認定され、支部長として大会を運営するなど活動が軌道に乗り始めた矢先に、戦禍に見舞われた。国内で避難生活を送るイーゴルさんがウクライナの〝今〟を語った。

イーゴルさんは新型コロナウイルスが本格流行する直前の2020年初めに日本を旅行し、東京都渋谷区の将棋会館なども訪問。つねに日本の将棋情報をチェックし、藤井聡太五冠(19)はウクライナのプレーヤーにとってもあこがれだという。

「長い将棋で終盤の手際の良さ、深い読みに驚かされる。対局は大胆で見ていてわくわくする。多くの人が触発され、彼のようにプレーしたいと思っています」と話した。

  1. 石川佳純、モデルのような写真に「美しすぎる」と海外からも反応

  2. 赤楚衛二の「ふと、僕の下の名前がセイジだったら…」にファン爆笑「仕事中に笑わせないで」「座布団2枚w」

  3. NHK「舞いあがれ!」雪乃さん(くわばたりえ)の名言に朝ドラファン爆笑「冴えわたってんなぁw」「平安時代w」

  4. NHK「舞いあがれ!」結果を表情で見せる赤楚衛二の演技を朝ドラファン絶賛 舞(福原遥)と手を握り合うシーンは「21秒」

  5. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」1月27日OA第81話あらすじ 飛行機部品の圧造に成功、笠巻(古舘寛治)は転造での秘策を匂わす

twitterプレゼントキャンペーン

twitterプレゼントキャンペーン