県と市を批判「連携不十分」 熱海土石流中間報告

産経ニュース
大規模な土石流で多くの命が奪われ、民家などが押し流された=令和3年7月5日、静岡県熱海市伊豆山(本社ヘリから)
大規模な土石流で多くの命が奪われ、民家などが押し流された=令和3年7月5日、静岡県熱海市伊豆山(本社ヘリから)

静岡県熱海市の大規模土石流で、崩落の起点となった土地で不適切な盛り土造成に関わった現旧所有者への県の対応が適切だったかどうかを検証する県の第三者委員会は28日、「県と市の連携、協力体制が十分でなかった」と縦割り行政を批判する中間報告を公表した。県と市がそれぞれに所管する法律内の業務を優先させたなどと指摘した。

第三者委は、県が起点での不適切な造成を認識していたとして「大規模な土砂崩落の危険性を想像できなかったことは誠に残念だ」とも述べた。

中間報告を受け、難波喬司副知事は「県の対応が十分でなかった。亡くなられた方、被害者に申し訳なく思う。しっかり精査し、対応を考えたい」と述べた。

土石流は昨年7月3日に発生。災害関連死1人を含む計27人が死亡し、女性1人の行方が分かっていない。

  1. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  2. 【ベテラン記者コラム(11)】岡本綾子さんが怒った優勝会見「何もないなら帰るわよ」

  3. 本当にギリギリセーフ? テレ朝・小川彩佳アナブチ切れ 財務次官セクハラ疑惑報道

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 【一問一答】渋野日向子は通算9アンダーの3位「すごく悔しい」/全英女子OP