交通課長が48キロ超過容疑 福岡県警、書類送検

産経ニュース

北九州市内にある警察署の50代の男性交通課長が市内の県道で、48キロの速度超過で車を運転したとして、道交法違反(速度超過)容疑で書類送検されていたことが28日、福岡県警への取材で分かった。

書類送検容疑は今年1月10日、同市門司区の制限速度50キロの県道を98キロで走行したとしている。県警によると、当時、交通課長は休みで、自家用車を運転中だった。交通課長は容疑を認め「深く反省している」と話している。

県警は1月13日、交通課長を所属長訓戒とし、同20日に書類送検した。監察官室は「職員の交通モラル、マナーの順守に向け引き続き指導、教養に努める」としている。

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 安倍元首相銃撃事件で注目「旧統一教会」桜田淳子の現在地 34歳で合同結婚式に出席、テレビや舞台から去り…女優の道は閉ざされた

  3. 8日スタートNHK朝ドラ「ちむどんどん」第18週あらすじ 良子(川口春奈)は重子(鈴木保奈美)に直談判しに行くが…

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」