1日500円の節約で「老後2000万円問題は解決する」 たぱぞう×おけいどんFIRE対談(1)

SankeiBiz

ロシア軍がウクライナへ侵攻した2月24日から1カ月。新型コロナウイルス禍から回復基調にあった世界経済は一転、リセッション(景気後退)の可能性も指摘されている。情勢の緊迫化で市場は動揺。米国が金融政策の引き締めに入る時期とも重なり、投資家の不安は尽きない。こうした経済状況の急変を、若い頃から投資を続け経済的な自立と早期退職を実現し、お金のために働く生活から解放される「FIRE」を実現した人たちはどう見ているのか。人気投資ブロガーのたぱぞうさんと、SankeiBizコラム執筆陣の一人でもある投資家の「おけいどん」こと桶井道さん(48)にFIREや投資をテーマに対談してもらった。5回に分けてお届けする。

1日500円の節約で毎月1万5000円。もしこれを利回り5%の投資に回し、運用益を再投資して43年間継続したとすると、2700万円の資産が形成できる(Getty Images)※画像はイメージです
1日500円の節約で毎月1万5000円。もしこれを利回り5%の投資に回し、運用益を再投資して43年間継続したとすると、2700万円の資産が形成できる(Getty Images)※画像はイメージです

《40代のたぱぞうさんは2000年から株式投資を始め、2017年にFIREを達成。主に米国株投資で3億円以上の資産を築いたという。現在は月間100万PV(ページビュー)を誇るブログや著書で自らの投資観を書き続けるほか、YouTubeチャンネルを開設、投資顧問アドバイザー務める。25歳から投資を始めた桶井さんは2020年に47歳で1億円の資産を築き、25年間続いた会社員生活に見切りをつけて、FIRE生活に入った。現在は「子ども食堂」への支援に取り組むほか、60歳を目途にレストランや大浴場などを備えた「シニアマンション」に入居することを目指して資産形成を継続している。2人はどうやって資産を形成したのだろうか》

初任給のほとんどを投資に

桶井さん

資産形成の第一歩は、給与天引きなどを利用して毎月一定額を先に貯金してしまう「先取り貯金」ですね。まずは生活防衛資金を貯めて、余剰資金を投資に回していくという感じです。たぱぞうさんは、どうですか。

たぱぞうさん

はい、私もそうでした。ですが、私の場合はあまり貯金はせず、会社で初任給をもらった時からそのほとんどを投資に回していました(笑)

桶井さん

ハハハ。さすがです(笑)

たぱぞうさん

おけいどんさんと私は世代的に近いと思いますが、私たちの前の世代の成功モデルがガラッと崩れてしまい、先行きに対する不安を抱いている世代かと思います。仕事や社会がずっと安定し続けるわけではないという事実に、私たちより上の世代が直面していました。そのため、先取り貯金に加えて、副収入や投資といったマインドを持つようになりました。

桶井さん

昭和時代であれば、普通に働いて、60歳で定年を迎えれば、退職金と公的年金で普通に幸せな老後が待っていて、70代くらいで天寿を全うするという時代でした。それが今は、なかなか給料も右肩上がりにはなっていません。仕事の給料だけで賄えるのかといえば、どうしても疑問があります。

一方で、年金は増えない。寿命も長くなり人生100年時代になりつつある。そうなってくると、会社の収入だけで幸せな老後を送るのは難しくなってくると思うんです。これからの人生を生きていくうえで、やはり投資をしていかなければいけないと感じています。

貯金しても、わずか0.001%という超低金利の時代です。金利がインフレ率に負けていますので、どうしてもお金は減ってしまう。そうなるとやはり、投資をするしかないのかなと思います。

たぱぞうさん

先日、叔父が亡くなったんですけど、叔父は私の父と違って若い時からやんちゃで、海外に遊びに行ったりするような人でした。定年退職した後も20年近く海外のコンドミニアムで暮らしていたんです。私が叔父を訪ねて遊びに行った時に「貯金はいくらあるのか」と尋ねると、叔父は「200万」と言っていました。心底たまげたのを覚えています(笑)

何千万という退職金をもらえる世代でありながら、なぜ貯金が200万円しかないのか不思議だったんですが、叔父は「貯金はそんなにいらない。お葬式代の200万があれば十分でしょ」と。そういう発想なんです。それはやっぱり、年金が手厚い世代だからです。この辺から私たちの世代とマインドセットが違うんですよね。僕は3年前に退職しましたけど、年金は月に10万円計算ですから。

  1. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」12月6日OA第47話あらすじ 柏木(目黒蓮)は中間審査に無事合格、着陸にてこずった舞(福原遥)は…

  2. 野菜のプロ直伝「おでんの大根 一瞬で味を染み込ませる方法」に「いいね」続々「これ本当に一撃で味が染みる!」

  3. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  4. 広瀬章人八段は4年ぶり竜王奪取ならず 藤井聡太竜王に敗れ「スコア以上に完敗だった」/将棋

  5. NHK大河「鎌倉殿の13人」12月4日OA第46話あらすじ 京で高まる鎌倉への不信感、北条家では泰時(坂口健太郎)が思い悩み…