大統領のドラマ、米で再開 ネトフリ、放映権争奪戦も

産経ニュース
ウクライナ大統領選での勝利を祝うゼレンスキー氏(中央)=2019年4月(AP=共同)
ウクライナ大統領選での勝利を祝うゼレンスキー氏(中央)=2019年4月(AP=共同)

ウクライナのゼレンスキー大統領(44)がコメディアンで俳優だった当時に主演した政治風刺ドラマを、動画配信大手のネットフリックスが米国で再び配信し始めた。ロシアの侵攻に屈しないゼレンスキー氏の姿は世界的に支持を集めており、メディア業界で放映権の争奪戦も起きている。

このドラマは「サーバント・オブ・ザ・ピープル(国民の奉仕者)」。政治批判が会員制交流サイト(SNS)で話題になり、思いがけず大統領になった教師の物語で、2015年から19年までウクライナで放送されてヒットした。ゼレンスキー氏はドラマを地で行くように大統領選に出馬し、当選した。

「要望に応え、戻ってきた」。ドラマの配信を21年に終えていたネットフリックスは16日、短文投稿サイトのツイッターで再開をアピールした。

  1. NHK朝ドラ「ちむどんどん」青柳家の女中、波子の「披露宴」発言にネット「言うねえ(笑)」「ナイスツッコミ」と大ウケ

  2. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  3. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  4. 女優・階戸瑠李さん急死にネットも涙…「半沢直樹」で印象的な演技「本当に残念」「これから…と期待していたので…」

  5. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病