千葉の3人死亡事故無罪 検察が控訴

産経ニュース

千葉地検松戸支部は22日、運転中に意識障害を起こして男女3人をはねて死亡させ、自動車運転処罰法違反(過失致死)の罪に問われた被告の男性会社員(45)を無罪とした千葉地裁松戸支部判決を不服として控訴した。千葉地検の真田寿彦次席検事は「裁判所が認定した過失内容に事実誤認があった」とコメントした。

7日の判決は、会社員に意識障害は予見できず、運転を中止する義務違反はなかったと認定した。検察側は、以前から体調不良が続き正常な運転が困難だったと主張、禁錮6年を求刑していた。

会社員は平成31年3月、千葉県野田市で運転中に意識喪失状態になり、歩道にいた70代の男女3人をはねて死なせたとして起訴された。逮捕後にいったん不起訴となったが、検察審査会が不起訴不当と議決していた。

今、あなたにオススメ

izaスペシャル

  1. 【大手町の片隅から】中国の日本人拘束 なぜ経団連は抗議しないのか 乾正人

  2. 阪神・岡田監督、内容不満の3投手をバッサリ「あまりにもひどすぎるわ」

  3. 巨人・菅野、右肘の張りで開幕ローテ外れる 原監督「あれだけ時間を与えて…」

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 石川佳純、モデルのような写真に「美しすぎる」と海外からも反応

今、あなたにオススメ

twitterプレゼントキャンペーン

twitterプレゼントキャンペーン