大谷が奪三振ショー オープン戦初先発「いい1試合目」 2回⅓で5K

産経ニュース
ロイヤルズとのオープン戦に先発で初登板したエンゼルスの大谷=21日、アリゾナ州テンピ(AP)
ロイヤルズとのオープン戦に先発で初登板したエンゼルスの大谷=21日、アリゾナ州テンピ(AP)

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平が21日、アリゾナ州テンピでのロイヤルズとのオープン戦に先発で初登板し、2回⅓を投げて3安打1失点、5奪三振、1死球。最速99マイル(約159キロ)をマークし、7つのアウトのうち、5つが三振と圧巻の投球。大谷は「感覚良く投げられた。いい1試合目だった」と納得の表情を浮かべた。打席には入らず、二刀流は見られなかった。

一回は先頭打者を直球でねじ伏せ、奪三振スタートを切ると3番打者もバットが空を切り2つの空振り三振。二回にはスライダーを勝負球に使い、2つの見逃し三振を奪った。三回も先頭打者を三振に打ち取ったが、1死から右中間を破る三塁打を打たれると続く打者に中前にタイムリー安打され、球数が予定の50球に達したため降板した。

「クイック(投法)も比較的落ち着いて投げられたし、メカニックも慌てることなくしっかり確認できた」と、技術面でも上々の投球だったことをうかがわせた。

昨季は9勝、46本塁打と投打の「二刀流」で活躍し、満票でア・リーグの最優秀選手に輝いた。メジャー5年目の今季はポストシーズン進出が望まれるが、まずは初の開幕投手への期待が大きくなっている。打撃では19日の試合でタイムリー安打を放っている。

チームは5-8で敗れた。

  1. 薬物所持で逮捕…沢尻エリカの身を滅ぼした「ドラッグとセックス」 ささやかれ続けた疑惑、2009年の契約解除も…

  2. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. 死への虐待、4歳児最後の願い「ママ、お茶が飲みたい」

  5. 「たばこ吸わない、お酒飲まない…」元KAT―TUN・田中聖の〝奇行と予兆〟 覚醒剤所持の疑いで逮捕 インスタにはタトゥー写真投稿、本人はクリーンさ主張