誤審謝罪の審判団に称賛の声「素晴らしい」「こういうことが異例でなくなることを願う」/センバツ

サンスポ
4回、犠打の判定をめぐり協議する審判団=甲子園球場(斉藤友也撮影)
4回、犠打の判定をめぐり協議する審判団=甲子園球場(斉藤友也撮影)

第94回選抜高等学校野球大会第2日第1試合(広陵―敦賀気比、20日、甲子園)審判団が誤審を認めて謝罪を行うとともに、判定を覆す異例の場面があった。これに対し、ネットユーザーからは称賛の声が相次いだ。

問題のシーンは2―0で迎えた四回裏、広陵(広島)の攻撃。無死一塁の場面で8番・大山(3年)が2球目を一塁方向へバントで転がすと、イレギュラーバウンドでボールはファウルゾーンからフェアゾーンに入った。

尾崎球審はフェアの判定をしたが、荒波二塁塁審がファウルのジェスチャー。一塁走者はそれを見て二塁へスタートを切っていなかった。プレーでは2死走者なしとなったが、審判団が協議。場内説明で「私たちの間違い。大変申し訳ございません」と謝罪したうえで、打者走者をアウトとし、一塁走者は二塁に進めて1死二塁で試合を再開した。

こうした審判団の真摯(しんし)な謝罪と対応に、多くの高校野球ファンが反応。「これはほんとに素晴らしいと思う」「素直に認め謝ることが大事」「清々しい審判団にアッパレ」「プロも見習ってくれ」「こういうことが異例でなくなることを願う」など多くの好感の声が寄せられた。

高校野球の審判はプロ野球の審判と異なり、一部経費は高野連から負担があるとされるが、原則としてボランティアで行われている。

  1. スタバ「メロンフラペチーノ」が販売開始!ネットの評判は…?

  2. 「SOUL'd OUT」トレンド入りで「再結成?」とネット騒然 「原因はスタバ」真相に大盛り上がり

  3. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  4. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」