日本ハム・新庄監督がまた奇襲! 1死二、三塁でエンドラン 「面白い攻撃だと思う」

サンスポ
日本ハム・新庄剛志監督=札幌ドーム(撮影・三浦幸太郎)
日本ハム・新庄剛志監督=札幌ドーム(撮影・三浦幸太郎)

(オープン戦、日本ハム4―1DeNA、20日、札幌D)日本ハム・新庄剛志監督(50)が四回1死二、三塁でエンドランのサインを出した。松本はカウント1―0から中犠飛を放ち、1点を追加。試合後、ビッグボスは奇策の意図を明かした。

「あれはゴロを転がせのエンドランではなく、しっかり自分のタイミングでばちこーんって打ちにいきなさいというエンドラン。それをしようとするとしっかり振れるから」

5日の巨人戦(札幌ドーム)でも八回1死二、三塁から水野にエンドランを出していた(結果は左翼線2点打)。軟式野球やソフトボールでは見られるものの、硬式では珍しい作戦。「面白い攻撃だと思う」と手応えを得たようすだった。

さらに「なんならランナーいなくても、ちょっと力んで遠回りしているバッターにエンドランを出したいくらい」と〝新庄節〟を披露していた。

  1. NHK朝ドラ「ちむどんどん」暢子(黒島結菜)との結婚で先走る智(前田公輝)に「サイコホラー」「背筋ゾクッ」の声

  2. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  3. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  4. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」