話の肖像画

田尾安志(18)森監督と決別、横浜トレードのはずが…

産経ニュース
森祇晶監督に代わり、出場機会が減っていった
森祇晶監督に代わり、出場機会が減っていった

(17)にもどる

《西武ライオンズでの2年目となる昭和61年、監督が森祇晶(まさあき)さんに代わった。物事の進め方などをめぐり田尾さんとは馬が合わなかった。大阪・PL学園高校からドラフト1位で入団してきた清原和博さんにどこを守らせるかでも、意見が食い違った》


森さんは僕とは合いませんでした。「清原に三塁を守らせたい」と自分の考えを言えばいいのに、そういう言い方をしない。「清原をサードで使い、秋山(幸二)はセンターに回す。田尾はファーストでやってくれるか」と言ってくれれば、「分かりました」と言うのですが…。全部、意見を聞き出すんです。そして「秋山のサードはスローイングが甘い」とか、まず欠点を挙げるんです。僕は「秋山の打球への反応は12球団イチですよ」と反論しました。「秋山のあの動きは、誰もまねできませんよ」と伝えました。

そもそも「どう思う?」と聞いてくるので、「清原は高校野球のスーパースターですが、プロの実績はまだゼロです。そう考えたら、最初は一番得意なポジションであるファーストでプレーさせてみたらどうですか」と僕の意見を言ったんです。ファーストでプレーさせてみて、この動きだったらプロのサードでも務まるというのを見極めてから、サードに回せばいい。僕は「清原1人のために、3つのポジションを代えて冒険するのは、あまりいいやり方ではないでしょう」という話をしました。それから森さんと合わなくなっちゃったんです。だけど、清原は結局、ファーストで終わりましたよね。


《その年、西武は2年連続でリーグ優勝。日本シリーズでも広島東洋カープを下して3年ぶりの日本一に輝いた。しかし106試合の出場にとどまり、打率2割6分5厘に終わった田尾さんは、管理部長の根本陸夫さんにトレードを志願した》


森さんとそういうことがあって、出番が少なくなりました。日本シリーズでは使ってもらいましたが、翌年のことを考えると、たぶん冷遇される。それが見えていたので、根本さんに「トレードに出してくれませんか」とお願いしました。根本さんは、一言でいえば親分です。外に出したらいけないことは、絶対に言わない人。根本さんだから、僕は言いました。誰にでも言える話じゃありません。「なんだ、こいつは」となるだけですから。でも、根本さんなら聞いてくれる。そういうことを感じさせてくれる人でした。

根本さんに「何かあったのか?」と尋ねられたので、僕は「もう森さんの下では、やりたくありません。裏表がありすぎます」と、はっきりと言いました。ある程度の年齢になっていましたし、みんなが同じ方向を向いている環境でプレーしたかったんです。根本さんの懐は大きいですね。そのときに「横浜でもいいか?」と言われて「はい、ありがとうございます」と答えました。


《すっかり横浜大洋ホエールズに移籍するつもりになっていた田尾さん。しかし、新天地はまったく違う場所だった》


家に戻って女房に「(引っ越し先は)横浜になりそうだ」と話しました。実際に横浜にマンションを探しに行って、手付けまでうちました。でも、横浜じゃなかったんです。トレード先が決まったとの連絡を受け、球団に聞きに行ったら、阪神タイガースだったんですよ。

その話をすると、女房は「芦屋夫人と呼ばれたいな」と言ったんです。それで、芦屋で住む場所を探しました。僕は野球さえできれば、住むところはどこでもよかった。そこは女房の好きなところに住ませてあげたかった。でも「芦屋夫人…」の一言も、すごく僕をほっとさせてくれました。(聞き手 北川信行)

(19)にすすむ

田尾安志氏連載「野球が全部教えてくれた」

  1. ロシア軍〝弾切れ〟目前 年明けにも備蓄尽き…ウクライナに全土奪還される可能性 イランや北朝鮮からの供与なく軍の士気低下も

  2. 2月6日スタート!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」第19週あらすじ 悠人(横山裕)は音信不通、IWAKURAには報道陣が集まり…

  3. NHK「舞いあがれ!」第19週、インサイダー疑惑の悠人(横山裕)「倒れた!」朝ドラファン悲鳴…貴司(赤楚衛二)を尋ね秋月史子(八木莉可子)登場

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」久留美(山下美月)の破局に「別れて正解」「悠人と幸せになってください」