ウクライナ 戦禍の街で

小さな村へ避難 望むのはキエフの再建

産経ニュース
防空壕で眠る息子。避難中は長時間眠れなかった=ウクライナ国内(ユーリアさん提供)
防空壕で眠る息子。避難中は長時間眠れなかった=ウクライナ国内(ユーリアさん提供)

私たちは、とても小さな村に避難した。キエフから列車で行った。

夜、真っ暗な中、全く明かりをつけずに列車で移動した。駅では空襲があったため数時間防空壕(ぼうくうごう)にいた。

長い間眠れなかったので、息子のセウェリン(8)は防空壕の中で私の膝に頭をのせて眠った。

今は国の中心から遠くないところにいる。ここでも空襲サイレンが鳴っているが、キエフほどの砲撃はない。

ここには他の避難民の家族もいるし、セウェリンの友達もいる。

ロシアは理由もなく民間人を殺害しているから、私の日記が掲載されたからといって、私が殺されるかもしれないというリスクは変わらない。それどころか、ロシアが民間人に対して行っている戦争犯罪の数々を世界に示すことのほうが重要だ。

私が望むのは、キエフに戻って、破壊された都市の再建を始めることだけ。

応援ありがとう。どうぞご安心ください。

ユーリア・クリメンコ=IT会社勤務。夫と息子、両親と暮らす。大学で日本語を専攻、留学経験もある。34歳。

筆者とは数日間、連絡が途絶えていましたが、16日深夜に担当記者にメールが届きました。今回はそのメールの内容を一部加筆・修正して掲載しています。

ウクライナ 戦禍の街で

■3月7日 迫る戦車、人生で一番難しい決断

■3月6日 物資は十分も、届けるすべなく

■3月5日 おびえる飼い犬 国は大きな「蟻塚」

  1. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」2月7日OA第88話あらすじ 悠人(横山裕)が低体温症になっていることに気づいた久留美(山下美月)は…

  2. ロシア軍〝弾切れ〟目前 年明けにも備蓄尽き…ウクライナに全土奪還される可能性 イランや北朝鮮からの供与なく軍の士気低下も

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. 【月刊正論】幹部の収入を暴露! 日本共産党の元党員の私が20の疑問に答えます 篠原常一郎

  5. 吉高由里子主演「星降る夜に」第4話あらすじ 春(千葉雄大)に寄り添おうとする一星(北村匠海)、2人は大喧嘩をしてしまう