ウクライナ大使が茨城県議会で講演 「一番早い決議に感謝」

産経ニュース
本会議場で講演するコルスンスキー駐日ウクライナ大使=16日午後、茨城県議会(森山昌秀撮影)
本会議場で講演するコルスンスキー駐日ウクライナ大使=16日午後、茨城県議会(森山昌秀撮影)

ロシアのウクライナ侵攻に対し、茨城県議会が全国に先駆けてロシアに対する抗議決議を可決したことを受け、セルギー・コルスンスキー駐日ウクライナ大使は16日、県議会で講演し決議への感謝を述べた。大使クラスが県議会を訪問するのは極めて異例だ。

大使は同日午後、県議会を訪問し、「日本で一番早く(ロシア非難の)決議をし、義援金も贈呈していただいた」と謝意を表明。本会議場での講演では、ウクライナ情勢について「ロシア軍は意図的に民間人や、学校、病院、博物館といった民間施設を攻撃している」と説明、「彼は世界を100年前に戻した」と述べ、ロシアのプーチン大統領を激しく非難した。

ロシア軍による包囲攻撃が半月以上続くウクライナ南東部マリウポリでは「食糧やガス、電気が既になく一番悲惨だ」として「茨城県にはマリウポリを中心に支援してもらえないか」と要請した。日本が先の大戦から数年後に復興を成し遂げた歴史にも触れ、建築・建設分野でのウクライナ再建に向けた技術支援に対する期待も口にした。

大使は「今まではウクライナが世界に食糧支援をしていたのに戦争を機に食糧をもらう立場になった。平和になったら日本や世界に恩返ししたい」と述べ、講演をしめくくった。講演にはウクライナ国旗をあしらったマスクを着用した県議のほか傍聴人ら約150人が参加した。

講演に先立ち、大使は大井川和彦知事らとも面会。大使が県の支援に謝意を表したのに対し、知事は「ウクライナの悲劇に心を痛めている。日本政府がウクライナ避難民の受け入れを表明しており、県も国と連携しながら最大限の支援をしていきたい」と応じた。

茨城県議会は2月25日、議員提出の「ロシアによるウクライナ侵攻に断固抗議する決議」を全会一致で可決。3月3日には全県議による人道的義援金100万円を贈呈したほか、県も7日に避難民受け入れの支援を表明している。

県によると、大使クラスが県議会で講演するのは、米国のライシャワー駐日大使が公式訪問した昭和39年以来。県や県内市町村でウクライナの自治体と友好都市や姉妹都市を締結しているケースはないという。

  1. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  2. きよ彦さん死去…毒舌キャラでタレントとしても人気集めた着物デザイナー

  3. 「SOUL'd OUT」トレンド入りで「再結成?」とネット騒然 「原因はスタバ」真相に大盛り上がり

  4. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  5. スタバ「メロンフラペチーノ」が販売開始!ネットの評判は…?