猫と暮らす新居を考える 〜猫と階段〜

みなさま、こんにちは。だんだんと暖かくなってきましたね。春が待ち遠しいです。

最近は、猫と暮らす新居について考える時間が増えてきたのですが、アルちゃんが今年で8歳、ミーくんが6歳(多分)になるので、猫たちが年をとった時の暮らしやすさも考えています。

今の家は、3階まで続く階段があり、2匹とも毎日階段を駆け上ったり、駆け下りたりして楽しそうにしているのですが、いつの日か階段の上り下りも大変になる時がくるんだろうなぁと考えてしまいます。

手足が長いミーくんですが、階段の段差は猫にとっては高さがあるので降りる時は慎重に。

手すりから身を乗り出すミーくん。時々手を出して遊んだりしています。

一歩ずつ降りていくミーくん。「ちょっと待っててね」という言葉が聞こえてきそうです。

あともう少し……。

今は大丈夫かと思いますが、降りる時の足腰の負担も気になるようになるんだろうなぁと想像します。

遊び場にもなる大好きな階段ですが、この後の2匹にとって負担にならないような高さやステップの設計を考えています。

そんなことを思っていたら、2匹の不思議な姿に遭遇しました。

アルちゃんが、たまたまものが入っていなかった時に1段空いたラックの中に入って遊んでいたようで、それを外からジッと見つめるミーくん。

こう見ると、アルちゃんが閉じ込められているようにも見えますが、、意気揚々と自分から入っていきました。(横から出られます)毎日一緒にいる2匹ですが、突然新しいことをし始めたり、そんな使い方するんだ……と見ていて飽きることがありません!

2匹の行動を観察して想像しながら、快適な環境の家づくりを進めていこうと思います。

それでは、また来週。

  1. 残り4話!NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」9月27日OA第122話あらすじ 房子(原田美枝子)がやんばるにやってきた目的は…

  2. 【ニュース裏表 平井文夫】「国葬欠席」のSNS掲載 批判相次ぐ立民の蓮舫、辻元両参院議員 情けなく恥ずかしい…ジョージアの大使に教えられた死者への敬意

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. NHK朝ドラ「ちむどんどん」比嘉家で食堂オープン!?暢子(黒島結菜)の夢に視聴者の声は?

  5. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗