あすの「カムカムエヴリバディ」3月17日OA第96話あらすじ 雉真家に帰ったるい、いなくなる直前の安子の様子を聞き…

iza
左から、大月るい(深津絵里)、大月ひなた(川栄李奈)、大月桃太郎(青木柚)。雉真家・居間にて。ある写真を見るひなたたち。(C)NHK
左から、大月るい(深津絵里)、大月ひなた(川栄李奈)、大月桃太郎(青木柚)。雉真家・居間にて。ある写真を見るひなたたち。(C)NHK

昭和、平成、令和を通じ、京都、岡山、大阪を舞台に、ラジオ英語講座とともに歩んだ親子3世代を追い、恋に仕事に不器用ながらも自分らしく生きる姿をリレー形式で描くNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」(NHK総合など)。その第96話が17日、放送される。

1925年に岡山市内で生まれた雉真安子(初代ヒロイン、上白石萌音)の一人娘、るい(2代目ヒロイン、深津絵里)は、ジャズトランペッターの大月錠一郎(オダギリジョー)と結婚し、現在は京都で回転焼き屋「大月」を営んで生計を立てている。上白石、深津からバトンを受け継ぐ形で、川栄李奈が、錠一郎とるいの娘で3代目ヒロインのひなた役を演じている。時代劇が大好きなひなたは高校卒業後、「条映太秦映画村」に就職し、忙しい日々を送っている。

ドラマは現在、第20週「1993-1994」が放送中で、クリスマスイブの日、るいの前に、子供のころ突然姿を消した伯父の橘算太(濱田岳)が現れた。そこへひなたも帰宅。10年ぶりの再会の余韻に浸るのもつかの間、算太が自分の大伯父だと知り、ひなたは驚いた。

興味津々で自分の家族やルーツについて質問を重ねるひなたと弟の桃太郎(青木柚)。算太は桃太郎が野球をやっていることを知ると、「(るいの父方の叔父で野球が得意だった)勇ちゃんに似たんかのう…」とつぶやいた。また、方言が気になった桃太郎から「どこの言葉?」と聞かれた算太は「岡山じゃ」とポツリ。子供たち2人は両親が大阪出身だと思い込んでいた。「親戚はいない」と聞いていたひなたは、祖母や大叔父の存在を知り混乱。るいは「あんまり覚えてへんの。岡山にいたころのことは…」と言葉を濁した。算太はるいが小学校に上がる前に岡山を離れており、顔を合わせるのはそれ以来のことだった。

翌朝、るいはあの日、なぜ算太が姿を消したのか、安子はなぜ算太を追いかけたのかを尋ねたが、算太は「覚えとらん」と話をはぐらかした。その後、算太が商店街で突然倒れた。算太は入院中のところを逃げてきていて、いつおかしくなっても不思議ではない状態だった。

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  3. 「ちむどんどん」賢三の名を聞いた三郎の反応が…意味深描写に「因縁ありそう」「賢秀を賢三が引き取った?」の声

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」