市川海老蔵、戸塚祥太らが出演「六本木歌舞伎」大阪全公演が中止 公演関係者に体調不良者

サンスポ
市川海老蔵
市川海老蔵

歌舞伎俳優、市川海老蔵(44)、「A.B.C―Z」戸塚祥太(35)らが出演する六本木歌舞伎「ハナゾチル」の大阪全公演を中止すると15日、松竹が発表した。公演関係者に体調不良者が確認されたという。

松竹の公式サイトでは「六本木歌舞伎2022『ハナゾチル』の公演関係者に体調不良者が確認されました。六本木歌舞伎実行委員会ではガイドラインに則り、大阪公演主催者、製作にて協議の上、お客様並びに、出演者、公演に携わる全ての関係者の安心と安全を第一に考え、大阪公演につきましては、全公演中止とさせていただきます」と説明。大阪公演は3月18日~21日の5公演を予定していた。

海老蔵はブログで「楽しみにしてくれていた皆さんには、本当に本当に申し訳ないと思っています。私もプペルに続き、六本木歌舞伎も大千穐楽を迎える事が出来ず、心から残念ではございますが、誰が悪い訳ではないので、皆様にもご理解頂けましたら幸いです」とつづり、PCR検査の結果は陰性だったことを報告した。

2015年から始まった六本木歌舞伎は海老蔵の自主公演。東京、福岡公演は終了している。

  1. あすの「ちむどんどん」5月27日OA第35話あらすじ 良子の披露宴が行われるなか賢秀は再び沖縄を離れ…

  2. 「ちむどんどん」“金の亡者”房子=賢三の叔母で確定? ネットの反応「同一人物かな」「三郎の表情が…」

  3. 「おちょやん」テルヲ以上のクズキャラか?「ちむどんどん」手切れ金要求の賢秀に視聴者あ然「一番の最低エピソード」

  4. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  5. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走