京都・城南宮に「梅のシャワー」

産経ニュース
〝梅のシャワー〟に包まれ、撮影する参拝者=京都市伏見区
〝梅のシャワー〟に包まれ、撮影する参拝者=京都市伏見区

城南宮(京都市伏見区)境内にある神苑(しんえん)でしだれ梅が見頃を迎え、参拝者らが紅白に染まった〝梅花のシャワー〟に心を奪われている。見頃は週末ごろまで。

境内にあるしだれ梅は約150本。満開時や散り際に地面を覆う花びらの美しさが人気だ。

神苑は「源氏物語」に登場する約80種の植物を楽しむことができ、梅は平安貴族らが愛でたことでも知られる。ただ、当時しだれ梅は存在せず、「梅の香りと桜の花、柳の木を組み合わせた植物はないのか」と和歌に詠まれたほどだった。城南宮によると、しだれ梅の登場は江戸時代中期。観賞用の花の品種改良が盛んになり、国内に広がったという。

夫婦で訪れた神戸市の若夫(わかお)孝子さん(72)は「豪華絢爛(けんらん)な美しさに驚かされた。きれいな梅で癒やされる」と笑顔で話していた。

午前9時~午後4時半で拝観料が必要。(鈴木文也)

  1. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  2. 【ベテラン記者コラム(11)】岡本綾子さんが怒った優勝会見「何もないなら帰るわよ」

  3. 本当にギリギリセーフ? テレ朝・小川彩佳アナブチ切れ 財務次官セクハラ疑惑報道

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 【一問一答】渋野日向子は通算9アンダーの3位「すごく悔しい」/全英女子OP