気になる!

文庫『自分の謎』

産経ニュース
書影
書影

前衛美術家、漫画家、芥川賞作家として活躍した著者(平成26年死去)の「こどもの哲学 大人の絵本」シリーズ文庫化第1弾。

テーマは「自分」。たとえば、自分が映る鏡を見るのが嫌だという著者が、その理由を思索する(「目の問題」)。また、人生の時間軸の中で現れる「強い自分」と「弱い自分」の役割を考察も(「強い自分 弱い自分」)。

「継承できない。一代限り」の自分とは何か。それを平易な言葉、ユーモラスな絵で表現する。ページを行きつ戻りつし、その味わいをかみしめれば、帯にある通り<誰かに薦めずにはいられない―>。(赤瀬川原平著、ちくま文庫・748円)

  1. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月16日OA第92話あらすじ 独立に向けて課題が山積みの暢子(黒島結菜)、賢秀(竜星涼)は我那覇と再会し…

  2. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  3. 15日スタートNHK朝ドラ「ちむどんどん」第19週あらすじ 新婚生活が始まった暢子(黒島結菜)、独立に向けて動き出し…

  4. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  5. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害