国連高官5月に新疆訪問へ 中国は「歓迎」も人権調査は否定

産経ニュース
中国外務省の趙立堅報道官(共同)
中国外務省の趙立堅報道官(共同)

【北京=三塚聖平】中国外務省の趙立堅(ちょう・りつけん)報道官は9日の記者会見で、バチェレ国連人権高等弁務官が5月に新疆(しんきょう)ウイグル自治区を訪問することに対し、「訪問のために便宜を与える」と歓迎の意を表明した。一方で「訪問の目的は双方の交流と協力の促進だ」と述べ、人権侵害に関する調査ではないことを強調した。

同自治区では、中国当局による少数民族ウイグル族への人権侵害が懸念されており、収容施設などの調査が進むか注目されている。

趙氏は、同自治区の人権問題を批判する米欧を念頭に「一部の国がこのことを利用し、政治的にもてあそぶことに一貫して反対している」と牽制した。

  1. 「もううんざり」国連勤務の露外交官、侵攻批判し辞職

  2. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  3. 〝プーチン暗殺〟米上院議員が呼びかけ 「あの男を殺すしかない」ニュースのインタビューで発言 露出身の実業家は懸賞金も

  4. ロシア大敗、反攻猛進撃のワケ ウクライナが東部要衝奪還、東京なら1・4倍の広さ 「プーチン大統領は四面楚歌状態」渡部氏

  5. 「ロシア軍崩壊」英機密報告書が予測 エリツィンの義息離反、兵器も旧式を投入するほど枯渇か 「プーチン氏余命2、3年」重病説消えず