就活生に人気の企業ランキング、文系1位は「伊藤忠」、理系は?

ITメディア

ワークス・ジャパン(東京都千代田区)は産業経済新聞社と合同で、2023年3月卒業・修了予定の大学生、大学院生を対象に就職希望先企業調査を実施。文系総合の1位は伊藤忠商事(966ポイント)、理系総合の1位はソニーグループ(932ポイント)だった。

■就職希望企業人気ランキング

文系総合2位は損害保険ジャパン(936ポイント)、3位は東京海上日動火災保険(884ポイント)。ランキング上位の企業を見ると、「生命・損害保険」「総合商社」「銀行・証券」が支持を集めている。多くの企業は21年9月に実施した「インターンシップ人気企業ランキング」でも上位にランクインしており、インターンシップが採用活動の起点になっていることがうかがえる。

そのほかの業界では、ニトリ(9位)、講談社(12位)、楽天グループ(17位)など、学生にとって身近な商材を扱う企業が上位に。男女別にみると、文系男子では三井不動産、三菱地所といった「不動産」が、文系女子では講談社、集英社などの「出版」が上位にランクインしている。

理系総合2位にはNTTデータ(696ポイント)、3位にはアクセンチュア(541ポイント)が入った。理系の傾向として、日立製作所(8位)や富士通(10位)など、DX推進といったビジネスイノベーションへの取り組みを強化している企業が支持を集めた。

男女別で見ると、理系男子は総合と大きな差がない一方、理系女子は資生堂、コーセー、味の素、花王、森永乳業などの「薬品・化粧品・日用品」や「食品」の人気が目立つ結果となった。

■就職活動先の企業を選んだ理由

就職活動先の企業を選んだ理由を聞いたところ、1位は「やりたい仕事ができそう」(30%)、2位は「業界上位の企業だから」(18%)という結果に。3位には「インターンシップでの印象がよかったから」(14%)が入っており、早い時期からの学生への広報活動が重要であることが分かる。

現時点で最も志望している「業種」の1位は「IT・ソフトウェア」(14%)。DX推進や働き方改革などのイノベーションに欠かせないテクノロジーを有する業界として支持が集まっていると思われる。

2位はコロナ禍で改めて社会インフラとしての重要性が認識された「銀行・証券」(8%)、3位は身近な商材を扱う「食品・製菓・飲料」(7%)となっている。

コロナ禍での就職活動で苦労している点について聞くと、「社員と対面接触ができず、社風や雰囲気がつかみにくい」(45%)、「コミュニケーションがとりづらい」(20%)、「働く場所のイメージがしにくい」(12%)などが寄せられ、対面であれば普通に得られていた情報を取得するのが難しくなっていることが分かる。

インターネットを使った調査で、23年3月卒業見込みの大学3年生と大学院1年生、合わせて2万9150人が回答した。調査期間は21年10月1日~22年1月31日。

  1. NHK朝ドラ「ちむどんどん」ハワイで成功、3児の母…金吾(渡辺大知)と早苗(高田夏帆)の近況に視聴者興味津々も「賢吉は?」

  2. 残り2話!NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」9月29日OA第124話あらすじ 歌子(上白石萌歌)の体調に異変が…

  3. NHK「ちむどんどん」草苅正雄、親子出演に朝ドラファン感動「迫真の演技」「マユちゃん大人になった」

  4. 立民・辻元氏は「ブーメランのプロ」 旧統一教会関連団体の勉強会参加、維新・馬場氏が苦言 国葬当日、党の公表に「卑劣なやり方」政治学者

  5. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗