のん×さかなクンのコラボにネット歓喜「じぇじぇ、ぎょぎょ!」 朝ドラ「あまちゃん」思い出すファンも

イザ!
のん(撮影・石井健)
のん(撮影・石井健)

女優、のんが今夏公開の映画「さかなのこ」で主演を務めることが8日、作品の公式HPなどで発表された。映画はタレント、さかなクンの自叙伝で、のんがさかなクン役を演じる。「のん×さかなクン」というコラボレーションはネットでも注目を集め、同日朝、ヤフーリアルタイム検索では映画のタイトルのほか「さかなクン」「のん」などの関連ワードがトレンド上位にランクインした。

映画は自叙伝「さかなクンの一魚一会 ~まいにち夢中な人生!~」が原作で、「南極料理人」「横道世之介」「キツツキと雨」などを手掛けた沖田修一監督がメガホンをとるという異色作だ。

沖田監督は、映画の公式サイトに寄せたコメントで、「これは、さかなクンの映画であって、さかなクンの映画ではありません。何かを猛烈に好きになった人の映画です。子供の頃から、ずっと変わらずに好きでいる。好きが、人生を決めていく。そんな強い気持ちを、さかなクンの生き方を元に、映画にしたいと思いました」と映画化に至った思いを吐露。のんがさかなクンを演じるという配役の意図については、「お二人とも何かが似ていると思いました。何かは言葉にできませんが…。さかなクンを描くのに、性別はそれほど重要ではないと思いました」と説明している。

同日開設された映画の公式ツイッターなどをはじめ、SNSには「問題作来た」「なにこれ、おもしろそう」など、早速さまざまな反響が寄せられている。

  1. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」12月9日OA第50話あらすじ 特訓が続き舞(福原遥)が発熱、悠人(横山裕)は両親に近づこうとせず…

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  4. 「息切れ倒産」続発、危ない300社 長引くコロナ、円安、コンプラ関連も…「国税局がマーク」「社長の不動産投資失敗」実態が明らかに

  5. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」大河内教官(吉川晃司)を擁護する声続出「フェイルさせて平気なわけじゃないのが背中でわかる」