ロシア攻撃で民間人被害「怒り覚える」米国連大使

産経ニュース
7日、ウクライナ首都キエフの検問所で警戒するウクライナ軍兵士(AP)
7日、ウクライナ首都キエフの検問所で警戒するウクライナ軍兵士(AP)

【ニューヨーク=平田雄介】米国のトーマスグリーンフィールド国連大使は7日の安全保障理事会の公開会合で演説し、ウクライナに侵攻したロシアの攻撃による民間人被害の報告が増えていることに「怒りを覚える」と述べた。紛争地からの避難を希望する民間人が安全に移動できるよう戦闘行為の一時停止を呼びかけた。

トーマスグリーンフィールド氏は演説で、ウクライナで人道支援であたる国連や赤十字国際委員会などのスタッフが紛争地に接近できるようロシアに「確固たる公的な約束」を求めた。

また、現地情勢を報告した国連人道問題調整室(OCHA)のグリフィス室長(事務次長)は「紛争地への人道支援を安全に運ぶ通路も必要だ」と指摘した。民間人の安全な避難を実現するため、ロシアに担当者を派遣し、状況改善に向けた交渉をしているという。

  1. 23日スタート「ちむどんどん」第7週あらすじ 房子は暢子に因縁? 良子は金吾から執ような求婚を受け続け…

  2. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  3. 「鎌倉殿の13人」5月22日OA第20話あらすじ 奥州へ逃れた義経を討つよう、頼朝から命じられた義時は…

  4. NYでジャパン・パレード 日米友好盛り上げる

  5. 露軍、渡河失敗で打撃 英国防省が分析