異論暴論

「正論」4月号 好評販売中 さよなら石原慎太郎さん 「憲法改正の執念」活かせず

産経ニュース
尖閣諸島国有化を受けて記者会見する石原慎太郎・東京都知事=2012年9月11日、東京都庁(三尾郁恵撮影)
尖閣諸島国有化を受けて記者会見する石原慎太郎・東京都知事=2012年9月11日、東京都庁(三尾郁恵撮影)

東京マラソンを実現させた石原都知事は、2度目の東京五輪の誘致も発案。二人三脚で五輪開催を実現した森喜朗元首相が、石原氏の思い出を振り返る。森氏が衆院選に初挑戦したときの石原氏の応援演説の盛況ぶり、自民党内の「青嵐会」でよくハマコーさんと取っ組み合いのケンカをしていたこと、東日本大震災の年の都知事選4選出馬の舞台裏など、話は尽きない。

安倍晋三元首相が、石原氏から憲法について質問を受けた国会でのやりとりを回想した。平成元年の自民党総裁選に出馬していた石原氏がもし首相になっていたら歴史はどう変わっていただろうか、と安倍氏は思いをはせる。

政界引退時、「心残りは憲法が一字も変わらなかったことだ」と語った石原氏。その政治家としての晩年、政策担当秘書を務めていた評論家の江崎道朗氏が、当時の日本維新の会の内情を明かし「日本は結局、石原さんを使い切れなかったのだ」と述懐する。

政治家として大きな足跡を残したが、それ以前に作家であった。文芸評論家の富岡幸一郎氏は「小説家でもなく文学者でもなく文士という言葉こそ石原氏にはふさわしい」と評する。元「正論」編集長でジャーナリストの上島嘉郎氏は、写真も交えて石原氏の足跡をたどる。尖閣諸島に上陸しようとして果たせなかったこともあった。評論家の潮匡人氏が記す通り「海の男」でもあった。(溝上健良)

発行:産経新聞社。定価900円。定期購読(年間9480円、送料無料)は富士山マガジンサービスまで。 フリーダイヤル 0120・223・223

  1. Wi-Fiルーターは暖房のついた部屋へ「知らんかった…」大寒波襲来を受けたバッファローの注意喚起が話題に

  2. NHK「舞いあがれ!」雪乃さん(くわばたりえ)の名言に朝ドラファン爆笑「冴えわたってんなぁw」「平安時代w」

  3. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」1月27日OA第81話あらすじ 飛行機部品の圧造に成功、笠巻(古舘寛治)は転造での秘策を匂わす

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 赤楚衛二の「ふと、僕の下の名前がセイジだったら…」にファン爆笑「仕事中に笑わせないで」「座布団2枚w」

twitterプレゼントキャンペーン

twitterプレゼントキャンペーン