プーチン大統領、ルーブルで対外債務返済を「容認」

産経ニュース
ロシアのプーチン大統領=5日、モスクワ郊外(ロシア大統領府提供・AP)
ロシアのプーチン大統領=5日、モスクワ郊外(ロシア大統領府提供・AP)

ロシアのプーチン大統領は5日、ロシアの通貨ルーブルでの対外債務返済を一時的に認める大統領令に署名した。大統領令は同日発効した。ウクライナ侵攻による経済制裁でドル取引ができずルーブル相場も下落する中、デフォルト(債務不履行)を回避する狙いがあるとみられる。

大統領令によると、ロシアやロシア企業の「非友好国」の債権者に対する措置。ロシア中央銀行が定めた為替レートに相当する金額を支払えば、債務履行と見なされるとしている。

ただ、対外債権者がどう反応するかは不透明。ロシアの信用不安は強まっており、米欧の大手格付け会社はロシア国債の格下げに踏み切った。ロシアは既にルーブル建て政府債務の利払いを一時的に停止。16日からは国債の支払期限が相次ぎ、デフォルトへの警戒が高まっている。(共同)

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 「ちむどんどん」賢三の名を聞いた三郎の反応が…意味深描写に「因縁ありそう」「賢秀を賢三が引き取った?」の声

  3. いい人?高嶋政伸演じる料理長に「ちむどんどん」「裏があるはず」の声…「HOTEL」思い出す視聴者も

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図