NATO、ウクライナの「飛行禁止区域設定」要求を拒否 ウクライナは失望

産経ニュース
NATO緊急外相会合前に記者会見するストルテンベルグ事務総長(右)とブリンケン米国務長官=4日、ブリュッセル(ゲッティ=共同)
NATO緊急外相会合前に記者会見するストルテンベルグ事務総長(右)とブリンケン米国務長官=4日、ブリュッセル(ゲッティ=共同)

【パリ=三井美奈】ロシアのウクライナ侵攻で、北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長は4日、ウクライナ上空に飛行禁止区域を設ける計画はないと表明した。ウクライナ政府はNATOに対して飛行禁止区域の設定または軍用機の提供を求めていた。一方、ロシアとウクライナ両軍の戦闘が続く東部の港湾都市マリウポリなどで民間人を安全に避難させるための「人道回廊」について、地元当局は5日、ロシアが攻撃を停止しないため実施を見合わせていることを明らかにした。

飛行禁止区域を設定すれば、NATOの戦闘機がロシアの軍用機によるウクライナ上空への侵入を監視することとなり、両者の戦闘に発展する恐れがある。

ストルテンベルグ氏はNATO外相会合後の記者会見で、NATO軍機が監視飛行を実施すれば露軍機を撃墜しかねず、「そうなれば欧州で本格的な戦争になる」と述べた。

ロシア軍はウクライナ第2の都市で東部の要衝、ハリコフなどへの空襲を本格化させている。同国政府は制空権をロシアに奪われないよう、NATOに軍用機の提供も求めていたが、NATOに拒否された。

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  3. さんま、上島竜兵さんに「本当に好きな芸人が一番嫌いな死に方をしたから、ちょっと腹が立ってる」

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」