ロシア事業、見直し不可避 国際協力銀総裁

産経ニュース
国際協力銀行の前田匡史総裁(林修太郎撮影)
国際協力銀行の前田匡史総裁(林修太郎撮影)

国際協力銀行(JBIC)の前田匡史総裁は3日に開いた記者会見で、ロシア極東サハリンの石油・天然ガス開発事業などロシアとの共同事業について「同じように付き合いを続けることはあり得ない」と述べ、見直しは避けられないとの見解を示した。

JBICは以前、同地域の開発事業「サハリン1」や「サハリン2」の開発に融資していた。ロシアのウクライナ侵攻を受け、英石油大手シェルがサハリン2からの撤退を表明し、日本から参画する三井物産と三菱商事が対応を検討している。

JBICは昨年12月にロシア北極圏の天然ガス開発事業にも融資すると発表している。前田氏は融資継続について慎重に検討する意向を示した。

ウクライナ侵攻を「戦後の秩序を力で変更する暴挙だ」と批判。「日本だけが何もなかったかのように振る舞うのは違う」と述べ、関係国との連携が重要だとの考えを強調した。

  1. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月16日OA第92話あらすじ 独立に向けて課題が山積みの暢子(黒島結菜)、賢秀(竜星涼)は我那覇と再会し…

  2. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  3. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 「やばい、やばい!」響く悲鳴で朝のホーム騒然 神戸の飛び込み事故