三陸道〝トイレ空白地帯〟250キロ 理由は被災地活性化

産経ニュース

仙台市の40代の男性会社員は「特に不便は感じない。何かあれば三陸道を降りて、トイレを探せばいいから」という。確かに、三陸道のIC間の平均距離は4・6キロ。東北自動車道は9・7キロだから半分以下となる。街に降りやすい工夫を凝らしているといえる。

ただ、不安の声はある。東松島市の男性公務員(47)は「ずっとPAもSAもない。トイレに不安が残る。三陸道を降りて、コンビニを探そうとしてもなかなか見つからないこともあった」という。気仙沼市の男性会社員(60)は「八戸市まで行く際は、なるべく水分を取らない工夫をしている」と述べ、「子供が同乗した場合などは難しいかもしれない」と不安を口にした。

一方、岩手県釜石市の50代の自営業女性は事前に〝トイレ計画〟を立てればいいと主張する。「トイレがないなんて前もって分かっていること。ほとんどの区間が無料で使えて、移動時間も短くなったから、地元に立ち寄る位いいでしょ」と記者の不安を一喝した。気仙沼市の60代女性も「不便でも仕方がない。事前に分かっていることなんだから」と語る。

不便とまでは

国交省によれば、三陸道開通に伴い、仙台市─岩手県宮古市間は約2時間短縮し、約3時間で移動できる。宮古市─八戸市間は約1時間短くなり、約2時間で結ばれた。

八戸市の長距離トラックの男性運転手(49)は「無料だからトイレの利便性まで求めてない」と話す。石巻市の30代の男性会社員は「何回か〝暴発〟しかかった」と笑い、「知人からは『危なかった』とか『車内でペットボトルを使った』という話も聞く」と語った。

短い取材時間だったが、利用者はそれほど不便に感じていないようだった。(奥原慎平)

  1. 安倍元首相に18万人超が「デジタル献花」

  2. NHK「ちむどんどん」草苅正雄、親子出演に朝ドラファン感動「迫真の演技」「マユちゃん大人になった」

  3. 【ニュース裏表 平井文夫】「国葬欠席」のSNS掲載 批判相次ぐ立民の蓮舫、辻元両参院議員 情けなく恥ずかしい…ジョージアの大使に教えられた死者への敬意

  4. 残り3話!NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」9月28日OA第123話あらすじ 暢子(黒島結菜)の新店「やんばるちむどんどん」開店前日に思わぬ事件が…

  5. 台湾に安倍元首相の等身大銅像 24日に除幕式