ニッポン放送・飯田浩司のそこまで言うか!

岸田政権の「新しい資本主義」はどこに? エネルギー価格の高騰止まらず 「トリガー条項」発動で国民に還元を

ZAKZAK
岸田首相は、ガソリン高騰にどう対処する
岸田首相は、ガソリン高騰にどう対処する

エネルギー価格の高騰が止まりません。直近の消費者物価指数を見ると、変動の激しい生鮮食品を除いた総合では「プラス0・2」に対し、生鮮とエネルギー価格を除いたコアコア指数は「マイナス1・1」。

いかにエネルギー価格が全体を押し上げているかが分かります。国内需要の落ち込みでデフレが継続、深刻化する恐れもあるのに、エネルギー価格の影響で全体は上昇しているかのように見える。

ならば問題は「エネルギー価格を、どう政策的に抑えるか」ですが、岸田文雄政権が取った策は「元売り各社への補助金」のみ。元売り業界は、世論のガソリン価格高騰への怒りを見て、補助金分はそのまま卸価格に反映させていますが、ウクライナ情勢の緊迫化以降、1リッター170円近辺で高止まりしています。国際情勢が劇的に好転しない限り、下落は見込めません。

そこで注目されているのが、ガソリン税の「トリガー条項」です。これは全国平均ガソリン価格が1リッター160円を3カ月連続で超えた場合、ガソリン税の暫定税率部分を時限的に停止するもの。今は東日本大震災の復興財源確保のため凍結されているので、発動には法改正が必要です。

このトリガー条項、実際の発動はありませんが、疑似的な事例として2008年に暫定税率部分の法律が失効し、1カ月後に改めて成立させて戻したことがあります。

  1. ダルビッシュ、大谷を絶賛「本当にすごいなとしか言いようがない」

  2. NHK「ちむどんどん」賢秀(竜星涼)、矢沢永吉の名曲熱唱に朝ドラファン興奮「アテ書き」「ニーニーの時間は止まらない」

  3. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月12日OA第90話あらすじ 暢子(黒島結菜)と和彦(宮沢氷魚)の披露宴、賢秀(竜星涼)の出席が危うくなり…

  4. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  5. 「蓮舫氏は公人を辞めるべきだ」 二重国籍解消公表した自民・小野田紀美氏に直撃