春の味覚、大阪湾などでイカナゴ漁解禁

産経ニュース
水揚げされたイカナゴの稚魚「シンコ」=1日午前、兵庫県明石市
水揚げされたイカナゴの稚魚「シンコ」=1日午前、兵庫県明石市

瀬戸内海に春の訪れを告げるイカナゴの稚魚「シンコ」漁が1日、大阪湾や播磨灘で解禁された。シンコは「くぎ煮」と呼ばれる甘辛いつくだ煮に使われ、沿岸地域の郷土料理として親しまれている。

この日は兵庫県明石市の林崎漁港などから漁船が出港。午前8時すぎに同港に帰った船からは銀色に輝くシンコが入った籠が次々と水揚げされ、初競りでは1籠(約25キロ)8万円の値が付いた。

県水産課などによると、かつては1万トンを超えていた漁獲量が、5年ほど前から2千トンを下回るようになり不漁が続く。水質改善で、餌となるプランクトンが減少したことが一因とみられる。林崎漁協指導課長の久留嶋継光さん(32)は「小さくなく、良いイカナゴが取れた。大衆魚だが近年は単価が高くなっており、資源回復を目指したい」と話した。

  1. ロシア軍〝弾切れ〟目前 年明けにも備蓄尽き…ウクライナに全土奪還される可能性 イランや北朝鮮からの供与なく軍の士気低下も

  2. NHK「舞いあがれ!」第19週、インサイダー疑惑の悠人(横山裕)「倒れた!」朝ドラファン悲鳴…貴司(赤楚衛二)を尋ね秋月史子(八木莉可子)登場

  3. 独占・スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」

  4. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」久留美(山下美月)の破局に「別れて正解」「悠人と幸せになってください」

  5. 熊本県ならどの家庭にもくまモン1匹はいる?「水ダウ」企画に反響「ガチわかる」「いない方が珍しい」