サンボ連盟、全日本選手権大会で「プーチン大統領杯」の冠名を外す ウクライナ侵攻受け

産経ニュース

ロシアのウクライナ侵攻を受けて、日本サンボ連盟(近藤正明会長)は27日、全日本サンボ選手権(9月、千葉県成田市)の大会名から「プーチン大統領杯」を外すと発表した。同連盟は「ロシアのウクライナ侵攻について大変遺憾に思います」としている。

サンボは柔道とレスリングを合わせたようなスポーツで、直径9メートルのマット上で行われる。旧ソ連の軍隊や警官の護身術として誕生し、柔道着のような上着を着用して投げ技や関節技、寝技などで勝敗を競う。

同連盟事務局によると、国内大会で「プーチン大統領杯」の名称がついたのは平成25(2013)年のユニバーシアード予選からで、その翌年から全日本選手権に「プーチン大統領杯」と冠名がつけられた。

同連盟事務局によると、国内の競技人口は約4000人で、全日本選手権には約100人が出場する予定。

  1. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  2. 「うめづのお好み焼き」トレンド入り!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」悠人(横山裕)が久留美(山下美月)に渡した「最大級の感謝」

  3. 【犯罪最前線】報酬5%、女性は裸写真も…特殊詐欺実行犯の実態

  4. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  5. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」史子(八木莉可子)登場で舞(福原遥)と貴司(赤楚衛二)の関係が進展?「恋の火付け役」