それぞれ重ならない方向性…新真打4人が運ぶ〝新しい春〟

ZAKZAK

ぴっかり☆いわく、美るくとぴっかり☆は「失礼が基本」という態度だそうで、前座のころ、浅草演芸ホールに入ろうとした柳家小三治師匠に「おじさん、ここ入っちゃダメ」と注意したのが美るくだったという(八ゑ馬談)。

二番手の八ゑ馬は、関西弁と江戸弁を扱える二刀流で、「本名が大谷なので〝寄席の大谷さん〟を目指したい」と意気込む。この日は古典落語「だくだく」を改作した「スリーポイント泥棒」を披露。金がないため、真打昇進パーティー会場の様子を自宅の壁に描いて…という噺が徐々にハチャメチャさを増すが、きっちり笑わせる腕力に破壊力を感じさせる。

中入り後に上がったはな平は、狸と理髪店のおやじのユーモラスなやり取りを描いた「権兵衛狸」を、出身地の博多弁で聞かせた。

おしまいは闘病中の三遊亭円楽(72)の代演で演芸番組「笑点」に出演した師匠、春風亭小朝(66)に育てられたぴっかり☆。20代で入門し、30代を「八つあん、熊さん」としゃべり、女の幸せを捨てて15年間やってきたことを嘆き、笑わせた。演目は古典落語「桃太郎」を改作した「ピーチボーイ」。小朝仕込みの一席に客席も華やいだ。

4人それぞれ重ならない方向性。新真打が楽しみな春を運んでくる。

  1. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」1月31日OA第83話あらすじ 試作ボルトを持ってライバル企業へ、そこへ荒金(鶴見辰吾)が現れ…

  2. 1月30日スタート!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」第18週あらすじ 貴司(赤楚衛二)の受賞を祝う会で悠人(横山裕)は…

  3. 「やばい、やばい!」響く悲鳴で朝のホーム騒然 神戸の飛び込み事故

  4. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  5. 突っ込んだ車が宙に…35メートル「吹っ飛んだ」 運転の女性死亡