自分の「居場所」を取り戻せ! 50代からの俺活入門

「好き」を〝小さな商売〟に 「自分で決めて始める」のは怖くても「秘密基地づくり」と思えばうまくいく

ZAKZAK

最近、テレワークの普及もあり、「副業」に挑戦する人たちが増えている。しかし、ただお金のためだけの副業はつまらない。お金のことだけ考えていると心身を病んでしまいかねない。私も会社員時代、お金のためだけの副業をして疲れ切った記憶がある。

副業は「好きで得意な仕事で楽しむ」ぐらいの構え方のほうが断然いい。そこに「自己表現」を組み込めば自分自身の昇華にもつながる。今回は、そのための「サードプレイス・ビジネス」の始め方をお伝えしたい。

■「自分で決めて始める」のは怖い

私は20年前からサードプレイス・ビジネスのアドバイスを行っている。勉強会には、現役の人だけでなく、定年退職後に好きで得意なことで〝アソビジネス〟を始めたい人も参加している。

役職定年を控える人のなかには「結局この30年間はなんだったんだ?」とこぼす人も少なくない。そして、こんな反省の言葉を口にする。

「もっと自分の軸を持てばよかった。会社と家の間にサードプレイスを作っておけばよかった。これから自分で何かを考えて、新しく始めるなんてできない」(50代・大手企業管理職男性)

自分の意志で何かを始める時に、ワクワクより先に諦めに近い不安が襲ってくるのだ。

■「秘密基地づくり」と思えばうまくいく

では、どうするか? まずは子供時代の感覚に戻ればいい。「失敗したらどうしよう」などと考えず、小さく始めて微修正をしながら楽しむのだ。

子供の頃に「秘密基地」を作ったり、新しい遊びを考えた時のあの感覚だ。そこにマニュアルはなく、試行錯誤自体を楽しんでいたはずだ。まずは、そういう素直な気持ちになることが大切だ。

  1. Wi-Fiルーターは暖房のついた部屋へ「知らんかった…」大寒波襲来を受けたバッファローの注意喚起が話題に

  2. NHK「舞いあがれ!」雪乃さん(くわばたりえ)の名言に朝ドラファン爆笑「冴えわたってんなぁw」「平安時代w」

  3. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」1月27日OA第81話あらすじ 飛行機部品の圧造に成功、笠巻(古舘寛治)は転造での秘策を匂わす

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 赤楚衛二の「ふと、僕の下の名前がセイジだったら…」にファン爆笑「仕事中に笑わせないで」「座布団2枚w」

twitterプレゼントキャンペーン

twitterプレゼントキャンペーン