祝・生誕1周年!黒犬スキのパリ案内

こんにちは、大人の上質を知る悪魔犬、スキッパーキのスキです。さて、いつもとどこか違うと思わないかね?わからない?ジャジャーン(←昭和な効果音)、バレンタインを記念して、いや、2月20日で生誕1周年を迎えたワタクシ悪魔犬スキを祝って、cachetteオリジナル首輪&リード「se lier(スリエ)」を作ってもらいました!リードの長さは110でぴったり。今日はこれでパリを歩きますよ。

そうは言っても、デフォルトはキャリーバッグの中。そう簡単には歩きませんよ←なんなんだよ。

さてさて、今日スキを連れて来たのはパリ5区、コントルスカルプ広場。170年ほど前に作られたこの広場の近くにあるレストランで、友人たちとランチです。

レストランはこちら。

narro

https://www.restaurantnarro.fr/ja/

近くにはこんな道路標識が、、スケボー!?何年前からかは忘れてしまいましたが、元々はClet Abrahamというフランス人のアーティストがヨーロッパ各地で道路標識に落書きする作品(グラフティアート)がパリでも話題になり、彼の真似をするような落書きも多く見られるようになりました。これもおそらく、そのひとつ。もちろんアーティストだろうと違法行為なのでお上から罰金を科されることもあるのですが、作品が良ければ市民に好意的に受け止められることも。

Clet Abraham

https://www.clet.com/

というわけで、レストランへ。ボルドー色の壁がシックです。

我らのテーブルは人数が多いので地下でした。さっそく抱っこされる黒犬。1歳で4kgになりました。笑顔のジュリアンはパリでアメリカン・ダイナーを経営しています。

Breakfast in America

https://breakfast-in-america.com/

「なんか退屈だぞ」

ごめん、今日は齧るおやつを忘れちゃったんだよなー。しばらく耐えてください。

前菜がきました。黒犬はしばし忘れてランチをお楽しみください←おい、犬猫コラムだろ!こちらは西洋カボチャのポタージュ。滋味深し。

メインはいくつかあった中から、仔羊の腿(もも)肉を選択しました。前菜メインで24ユーロと破格(パリでは)です。素材や調味はもちろん、火入れ、ソースやムース、付け合わせに至るまで値段に見合わない仕事がされていて拍手しかありません。ブラヴォー!サービスのテンポも言うことなく、これはファンになりますね←ガストロノミー大好きパンダさん。

「うむ、赤い果実とスミレの香り。軽やかなソーミュールだな」

そこ、空き瓶舐めないように。

あっという間にランチタイムは過ぎて、続いては友人から「今日オープンだよ」と教えてもらった新しい陶器屋さんを見学に。

BLUE BALTIQUE

https://www.instagram.com/bleubaltique/

店内はこんな感じです。

む、、、(手書き模様が何ともいえず、ノスタルジックで良い)。

この水玉が伝統的な模様で、ピーコックアイズ(孔雀の目)とも呼ばれているそうです。

「ここに置いてあるものはポーランド、ボレスワヴィエツの陶器で彩色は全てハンドメイド、オーブンでも電子レンジでも使えて丈夫なのよ」と説明を聞いていると、、

長い説明が苦手な黒狐、寝ました。

元々薄いものより、ぽってりした厚みのあるものが好きなので、ほんとどれも欲しくなります。

猫(ノア)用の食器を探していたので、この左側のチューリップ柄の器を購入。次は人間用を探しに来たいですね。

「あ、支払いは肉球ペイで良いですか?」

いや、なんかアップルペイみたいでドヤ顔だけど、肉球ペイで何ひとつ買えませんから。

買い物を終え、お店を出たところで毛並みの綺麗なグレーのアメリカン・スタッシャーフォードと遭遇。見てください、地獄の悪魔犬のこの慌てぶり←ひどい。

「い、い、犬は苦手です!」

あなたも犬です。

「タシケテ、、」

人間にはわりと愛想がいいんですが、他の犬がとにかく苦手で、近づかれると恐怖しかないようです。やはりデビルではなくて、ビビル犬、、。

あ、後ろ向いちゃいました。挨拶もまともにできなくてごめんよー。

「ま、体がでかいだけで口ほどにもなかったがな」

え、心臓バクバクだったよね?

そんなこんなで、ようやく広場を散歩です。だいぶ春らしい空になりました。

ちなみにこのスリエ、色は「ciel(シエル)」にしたんですが、黒犬にも思った以上にぴったりでした。青、白、ピンクのトリコロールはフランス国旗っぽくて気に入ってます。

我が家に引き取ってきた時は1.1kgでした。下痢が続いたり、癲癇(てんかん)の疑いがあっていきなり大病院で脳をCTスキャンしたり、いろいろありましたが無事に1歳を迎えられて良かった。今後とも、黒犬スキッパーキのスキを宜しくお願いします。次回もどうぞお楽しみに。


  1. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  2. 〝プーチン暗殺〟米上院議員が呼びかけ 「あの男を殺すしかない」ニュースのインタビューで発言 露出身の実業家は懸賞金も

  3. 残りあと5話!NHK朝ドラ「ちむどんどん」最終週あらすじ やんばるで食堂を開きたいと考える暢子(黒島結菜)、東京からは房子(原田美枝子)が…

  4. 【ニュースの核心】習主席とプーチン大統領〝共倒れ〟も 中露首脳会談、連携協調も温度差 ロシアの手の内見透かす米国「核のボタン」事前の察知に自信

  5. 佐々木蔵之介が結婚!お相手は一般女性「早々に『完敗宣言』」