「カムカムエヴリバディ」ついに算太とるいが再会!?文四郎がひなたに告白?怒涛の展開が予想される第18週に「月曜まで待てない」

イザ!
橘算太役を演じる濱田岳 (C)NHK
橘算太役を演じる濱田岳 (C)NHK

NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」の公式ツイッターが25日、更新され、第18週(28日~)の予告動画が公開された。動画では、サンタ黒須を名乗る「謎の振付師」(濱田岳)が2代目ヒロイン大月るい(深津絵里)と“再会”するシーンや、大部屋俳優、五十嵐文四郎(本多奏多)が、3代目ヒロインひなた(川栄李奈)に気持ちを伝える場面も。気になるシーン満載で、朝ドラファンが朝から大盛り上がりになっている。

昭和、平成、令和を通じ、京都、岡山、大阪を舞台に、ラジオ英語講座とともに歩んだ親子3世代の100年間を追い、恋に仕事に不器用ながらも自分らしく生きる姿をリレー形式で描く「カムカムエヴリバディ」。1925年に岡山市内で生まれた初代ヒロイン雉真安子(上白石萌音)の一人娘として生まれたるいは、ジャズトランペッターの錠一郎(オダギリジョー)と結婚し、現在は京都で回転焼き屋「大月」を営んで生計を立てている。上白石、深津からバトンを受ける形で、川栄が3代目ヒロインを務めている。

この日公開された動画は25秒という短いものだが、浴衣姿の文四郎が「そなたを幸せにしたい」と告白し、ひなたが文四郎の胸に飛び込むシーンのほか、最後には、大月を訪れたサンタが、店を切り盛りするるいを見つけ「るい…」とつぶやく場面が盛り込まれている。

怒涛の展開が予想される翌週に視聴者は大興奮で、当該ツイートには「なんかもう、情報量多すぎ問題」「来週は予告だけでもう色々ヤバすぎる」「待って待って待って!!!!情報が追いつかないよ!」「月曜が待てない」などの返信がズラリ。やはり注目はサンタとるいの再会のようで、「るるるるるい…!サンタおじさんがついに大月に…!」「るい?…最後の算太が、全部もってったよ」「算太、、るいって言った?言ったよね?!」「ついに算太さんがるいちゃんと対面!」「遂に算太がるいちゃんと繋がるんだね」といったリプライも相次いだ。

サンタはひなたに自分の名を「サンタ黒須」と名乗ったが、多くの視聴者は彼がるいの伯父(ひなたには大叔父)にあたる橘算太だと考えており、るいの幼少期、岡山で一緒に暮らしていた2人がどのタイミングで、どういう形で再会するのかに注目していた。

  1. 吉田麻也「一番起きてはならないことが起きてしまった」 不用意パスから後半36分、悪夢の失点

  2. 本田圭佑 コスタリカ戦の黒星に「僕はがっかりしていない」 ドイツ●、コスタリカ○の想定と「勝ち点かわらない」

  3. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  4. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」11月29日OA第42話あらすじ 舞(福原遥)が初フライトへ!大河内(吉川晃司)が一番手に指名

  5. カタール大会のロスタイムが異常に長いワケ