check!ラジオ大阪

司馬作品「彰義隊胸算用」、置鮎龍太郎が朗読に挑戦

産経ニュース
「彰義隊胸算用」の朗読に挑戦する置鮎龍太郎
「彰義隊胸算用」の朗読に挑戦する置鮎龍太郎

「川口技研プレゼンツ 司馬遼太郎短篇傑作選」(ラジオ大阪・TBSラジオ 毎週土曜18時~)は、司馬遼太郎の遺した傑作短篇作品を、いま話題の人気声優の朗読でお送りする番組です。

2012年10月よりラジオ大阪とTBSラジオの2局で同時放送中のこの番組は、昨年10月に10期(SEASON 10)を迎えました。今期も総勢8名の役者が1人1作品ずつ、計8作品の朗読に挑みます。

2月19日(土)より放送を開始した第10期4作目は「彰義隊胸算用」。朗読を担当するのは当番組6回目の出演となる置鮎龍太郎。人気アニメ等に多数出演するほか、舞台俳優活動でも注目を集めています。3月26日(土)まで全6回の放送です。

番組は、ラジオ(AM・FM)のほか、民放ラジオ局の番組をインターネット配信する「radiko(ラジコ)」ならパソコンやスマートフォンで聴くことができます。radikoでは、放送終了後1週間聴くことができる「タイムフリー」で、時間にとらわれず楽しむことができます。「radiko ラジオ大阪 司馬遼太郎」と検索し、お聴きください。


【「彰義隊胸算用」作品あらすじ】

時は動乱の幕末。鳥羽伏見の戦いで敗れた将軍慶喜は江戸城を去り上野寛永寺に蟄居恭順した。これに不満を持つ抗戦派の幕臣を中心に彰義隊が結成される。

頭取に渋沢成一郎、副頭取に天野八郎が就くも反りが合わず、隊は渋沢派と天野派に分裂して天野派による渋沢暗殺未遂事件が発生。隊を離脱した渋沢は新たに振武軍を結成する。やがて新政府軍の攻勢で彰義隊は壊滅、一部の兵は榎本武揚の率いる艦隊で蝦夷地を目指し、渋沢もまた蝦夷地に逃れた。

彰義隊と振武軍の残党は渋沢を隊長に彰義隊を再編成するのだが…。


【置鮎龍太郎コメント】

<作品について感じたこと>

このお話し、何だか知ってる気がする?と思ったら、昨年の大河ドラマ序盤でも描かれていた、あのエピソード!と思い至りました。

<読んでみて感じたこと>

今回も勝ち越せない闘いに挑んだ気がしましたが、永遠にそんな事は不可能なのでしょう。それもまた我々にとっての楽しさの一つかも知れません。

<番組リスナーの方へメッセージ>

読み物として描かれた世界の一端だけでも、皆さまにお届けできれば幸いです。

  1. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  2. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  3. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  4. 上島竜兵さん死去 自宅で家族が異常に気づき…

  5. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害