二階派幹部 片山氏に「退会届出すのが常識」

産経ニュース
片山さつき議員(矢島康弘撮影)
片山さつき議員(矢島康弘撮影)

自民党二階派(志帥会)の事務総長を務める武田良太前総務相は24日、同派退会の意向を表明している片山さつき元地方創生担当相への退会勧告について「組織に対して退会の意志を示すことは、言った、言わないではなく、書類で退会届を提出するのが常識だ」と述べ、退会手続きが完了していないとの認識を示した。同派の定例会合後、記者団に語った。

また、退会勧告について片山氏が「場合によっては人権侵害だ」と不快感を示していることに関し、武田氏は「同じグループに所属する同志として悲しい。われわれが人権侵害という態度をとったこともないし、残念であるという以外ない」と語った。

片山氏をめぐっては、二階派が21日、一部で他派へ入会する可能性を報じられた後も、片山氏が連絡をとれない状態を続けたとして退会勧告を行った。これに対し片山氏は、昨年12月24日に二階俊博元幹事長に派閥を退会する意向を直接伝えたと主張している。

  1. 【列島エイリアンズ】中国系裏風俗編(2) 福建省出身、人気女優似の美女が出てきた ベニヤ板越しに聞こえる男女の息遣い

  2. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗