アリババ最終利益74%減 10~12月期、通販苦戦

産経ニュース
アリババグループが入るビル=北京(共同)
アリババグループが入るビル=北京(共同)

中国の電子商取引(EC)最大手アリババグループが24日発表した2021年10~12月期決算は、最終利益が前年同期比74%減の204億元(約3700億円)だった。主力のインターネット通販事業で稼ぐ力の低下を露呈した形となった。

売上高は10%増の2425億元だった。21年11月のセールは取引額が過去最高となったものの、ロイター通信によると、売上高の伸び率は四半期として過去最低となった。

営業利益は86%減の70億元だった。ネット通販事業が、中国で苦戦したのが響いた。

アリババは21年11月のセールで、累計取引額が5403億元を記録した。過去最高だった前年の4982億元を上回っていた。

21年7~9月期は売上高が前年同期比29%増の2006億元で、7~9月期としては最高となっていた。(共同)

  1. 吉田麻也「一番起きてはならないことが起きてしまった」 不用意パスから後半36分、悪夢の失点

  2. 本田圭佑 コスタリカ戦の黒星に「僕はがっかりしていない」 ドイツ●、コスタリカ○の想定と「勝ち点かわらない」

  3. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  4. 本田圭佑、日本代表のコスタリカ戦“願望スタメン”明かす ファン「この布陣はまじで見てみたい」「監督ケイスケホンダで」

  5. 母親が11歳娘に覚醒剤与えて交際相手とのわいせつ行為を撮影、立件した滋賀県警の執念