前宮古島市長に有罪判決 陸自用地取得めぐり600万円

産経ニュース

沖縄県宮古島市に新設された陸上自衛隊駐屯地の用地取得をめぐる汚職事件で、便宜を図った見返りにゴルフ場会社側から600万円を受け取ったとして、収賄罪に問われた前市長、下地敏彦被告(76)の判決公判が22日、那覇地裁で開かれ、小野裕信裁判長は懲役3年、執行猶予5年、追徴金600万円(求刑懲役3年、追徴金600万円)の判決を言い渡した。

被告は公判で現金受領を認めた上で、政治資金だったとし、賄賂の認識はなかったと無罪を主張した。

起訴状によると、平成30年5月、自身の駐屯地受け入れ表明によって土地を売却できたことへの謝礼と知りながら、ゴルフ場会社「千代田カントリークラブ」の元社長=贈賄罪で有罪確定=から600万円を受け取ったとしている。

  1. 「子どもに就いてほしくないなあ」と感じる職業、1位は?

  2. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  3. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」11月29日OA第42話あらすじ 舞(福原遥)が初フライトへ!大河内(吉川晃司)が一番手に指名

  4. 吉田麻也「一番起きてはならないことが起きてしまった」 不用意パスから後半36分、悪夢の失点

  5. 【新・親も知らない今どき入試】5大商社に強い大学ランク 独走の慶大、情報化社会で理系人材を求められる東工大