阪神・川藤OB会長、佐藤輝と大山もっと争え「ガチンコの本当の勝負をせなあかん」

サンスポ
練習を見守る川藤幸三OB会長=宜野座村野球場(撮影・甘利慈)
練習を見守る川藤幸三OB会長=宜野座村野球場(撮影・甘利慈)

阪神・川藤幸三OB会長(72)が21日、沖縄・宜野座の1軍キャンプを視察し、佐藤輝と大山の4番争いをあおった。

「まだあかん。あれくらいで何言うてんねん」

ここまでの実戦6試合で佐藤輝は打率・429、1本塁打、3打点。大山も同・438、1本塁打、3打点と結果を残しているが、川藤氏は満足していない。

「昨日なんて九回裏、(佐藤輝の)ああいうツーベース、悪くないよ。だけどあそこでサヨナラホームランとか。そういうものが自然と出るようになってみいよ。それこそ、皆が求める姿や」

20日の中日戦(宜野座)、1-1の九回1死から佐藤輝が左中間への二塁打を放ち、その後勝ち越しにつながったが、虎の未来を背負える大器だからこそ、叱咤激励にも熱がこもる。

「『ワシが4番とったるんや』というガチンコの本当の勝負をせなあかん。それがチームを一番強くする方法だと思う。外国人をあてにすることは何もない」。矢野虎が頂点に立つため、〝川藤節〟で真の4番の誕生に期待した。

  1. NHK朝ドラ「ちむどんどん」暢子(黒島結菜)との結婚で先走る智(前田公輝)に「サイコホラー」「背筋ゾクッ」の声

  2. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  3. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  4. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」